【読書】生存賭博

 

生存賭博 (新潮文庫nex)

生存賭博 (新潮文庫nex)

 

  この著者のデビュー作、「パンツァークラウンフェイセズ」は、発売すぐに買ったのだけど、あの時期していた表紙買いの中では確実にアタリのモノだった。昨今のライトノベルには明るくないし、わりと否定的な自分が、ライトノベルというものに求めていたのは、つまるところああいうものであったわけだ。

 そんなわけなので、この著者には相当注目していたわけなのだけど、その後サイコパスのスピンオフ執筆にかかりきりだったようで、しばらくオリジナルが読めなかった。サイコパス未視聴なのでスピンオフはスルーしたし。

 ので待望の新作なわけ。早速買って読みました。

 パンツァーもそうだったけど、今回も「都市」に大きくスポットが当たっている。ただ今回はSFというよりは、ファンタジーだ。まぁSFなんて言ってみればファンタジーみたいなもんなんだけど。

 内容はいわゆるヒーローアクション・・・なのかなぁ。実にエンターテインメント的で、こういったものを、自身の娯楽を求める中枢は欲しているのだろうなぁと再確認した。ひとりの作家の著作を何冊か読むと、なんとなく作風の傾向がわかってくるものだけど、その点、この著者の作風は、実に自分の求めているものにマッチしていると思う。個人的にはもう少し分量があって濃密に読み、読まされたかったところがあるのだけど、ここらへんは仕方がない。

 そういえばこれを読んで思い出したのだけど、著者の在籍してた(?)同人ゲームサークルの作品を積んでいるのだった。結構前のコミケで買ったのに、数多とある積みゲーによって収納棚に追いやられたままであった。そろそろやらなければ・・・。