読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ゲーム】大逆転裁判【感想】

 近況。ブラボをプレイしていたはずがダクソ3を購入していて、さらにロケットバード2とReホロウフラグメントとペルソナ3Pを買っていたりする。そしてブラボは積んでいる。今はダクソ3が一番アクティブ。これもうわかんねえな・・・。ちなみに「ハーレム(略」をトロコンした際、「PSNOW期間内にラスリベもトロコンしよう」みたいなこと言っていたけど、ついに起動すらしなかった。有言非実行。

大逆転裁判 -成歩堂龍ノ介の冒險-

大逆転裁判 -成歩堂龍ノ介の冒險-

 

  閑話休題。本題の大逆転裁判について。買ったのはだいたい二か月ほど前で、今朝ようやくクリアした。今や衰退しきった推理アドベンチャーゲームというカテゴリの中で、数少ない生き残りである「逆転裁判」シリーズの、なんだろう、新シリーズ?みたいな作品。

 ハードウェアとして考えると、3DSでは「逆転裁判5」も出ているけれども、従来の「逆転裁判」シリーズとは違い、気持ちオシャレに、といった感じ。音楽も雰囲気もキャラクターや背景の3Dモデリングもよかったのだけど、シナリオがどうにもなぁ。「つづく」って書いてあってもおかしくない終わり方はどうなのだろうか。伏線もいろいろ投げっぱなしだし。人気が出た後の新作ってわりとこういうの多いけども、そうしなければならない理由でもあるのだろうか。開発は弱小ではなくカプコンだし、続編はきっと出ると思うけれども、サイレントになかったことにされないか心配である。

 さて、気付けばもう来月には逆転裁判6が発売。5ももちろんプレイしたけど、そこまで気持ち乗れなかったので、正直どこまで楽しめるか不安なんだけれども、一応買います。前情報で1話の事件の概要、2話の概要って出されるのを読むから、プレイ時楽しめないんじゃないかとか考えてるこの頃。あと思ったことがひとつ、真宵ちゃんが逆転裁判3ぶりに登場するらしいけども、こいつ出てくるたび危機にあってんな・・・。