読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【読書】臨床真実士ユイカの論理 文渡家の一族

読書

 

  講談社タイガが創刊されてもうそろそろ半年くらい経つような気がするけど、これまで森氏のWシリーズしか買っていないし、読んでもいなかった。この本でようやくそれが崩れたことになる。

 今回は作家買い。一時期メフィスト作家を追ってた時期があって、そのときに知った作家だ。ちなみに、結局、「天帝のはしたなき果実」は最後まで読めなかった。ちょうどその頃は、中井英夫の「虚無への供物」を読み終わった時期であったので、つまるところ食傷気味になってしまったのである。両方読んだ方ならわかるはず。

 推理小説というものは、古今東西、基本的に探偵役が存在する。そいつは探偵事務所を営んでいる根っからの探偵であったり、探偵という肩書を名乗っているわけでもないのにあれよあれよと事件を解決し犯人を断定する、いわゆる素人探偵というものだったりする。で、昨今のこういうライト層向け推理小説業界でよく見かけるのは、その素人探偵というやつだ。今作もその例に漏れず。しかも超常的な能力をお持ち。ちなみに、これも最近のムーブメントといえばそうなのだけど。

 個人的に、こういう超常的な能力を持っているという設定は推理小説であることを考えるとあまり好みではないのだけれど、(当然だが)事件をロジカルに解く上で必要な要素となっていたのでとやかく言うことはない。

 大前提の設定こそ突飛であったが、「読者への挑戦状」やら、いかにもな「本格」モノだった。あるいは、閉ざされた環境、零落しつつある名家、いがみ合う次期後継者たち、がお約束(嫌な言葉だ)な「本格」に対するアンチテーゼでもあるのかもしれない。どちらにせよ、本作は「本格」の魂を受け継ぐものである。

 ただテーマ的にたぶんしょうがないことだが、あまりにもロジカル過ぎる話の流れだった。パズラーとして見たときは、とても見やすいスッキリした眺めだけれど、それは逆にスッキリしすぎている。こういう非常にロジカルなミステリでよく感じることだし、そこまで不満ではないのだけど、それだけ。