Seiun Players Pro Xに出資してみた

 怪しい話には裏があるとはよく言いますが、今回はそんな話(裏があるかどうかはまだわからないけれど)。

 以前av watchで取り上げていた、すべて木で制作したというヘッドホン目当てで、ちょっと適当にクラウドファンディングのページを見ていたらとても気になるプロダクトを発見。そう、ハイスペックDAPでござる。

igg.me

 このページに飛んでもらうとわかると思うのだけれど、このSeiun Players Pro Xのスペックと値段がやばい。なんと$180でフルHD、8-Core CPU、PCM384KHz/32bitとDSD256のネイティブ再生対応だというのだ。もちろん音の善し悪しはスペックカタログだけでは語れないものがあるにせよ、それでもこのスペックでこの値段、信じられる? いや俺は信じられない。ということで出資してみました(?)。

 二つ買うと安くなるオプションがあったので、友人と結託して購入することにした。+$20で通常64GBの内蔵ストレージを128GBにできることもできたので、それもついでにやっておいた。

 一人頭約$150+α(送料)なので、最悪資金持ち逃げされてもいいかなーって気持ちでいる。いわば一種のギャンブルなのだ。

 もちろんこれからこのメーカーのアクティビティは随時チェックしていくけれど、発送は早くても4月以降(だと思う)。その時点で結果をここに書くと思うけれど、それ以前に何か気が沈んでいるなーと感じたのならば、つまりそういうことなんだと納得しておいてください。そりゃ期待を持って出資したわけだけど、かなーり懐疑的なのである。