プラチナトロフィー35個め「うたわれるもの 偽りの仮面」

 ちゅーわけで、「うたわれるもの 偽りの仮面」トロコン完了でございます。タイトル通り、これでプラチナトロフィーは35個め。前回取得したのは12月なので、だいたい二か月ぶり。

 最終的には、プレイ時間は25時間ほどでした。トロコン前にネットで適当に見たところ、他の人は50時間くらいかかったようですが、ボイスをある程度スキップしてこの時間なので、特別急がずとも、この時間でいけるはずです。

 トロフィーの大半は本編プレイ中のSRPGマップをクリアすれば取得できます。というか本編クリアで8割くらい取れているはずなので、とりあえず本編をクリアしましょう。

 唯一めんどくさかったのが、自キャラの連撃をすべて行う「連撃百識」と、ユニットの誰かしらを最大レベルの50に到達させる「修練の極」の二つ。

 「連撃百識」は、どの連撃を使用したか自分が覚えていなかったのでだるかった。まぁ基本的に回復系か、反撃系だと思うので、一人ひとりしらみつぶしにやっていけば問題はない。だるいといってもすぐ終わる作業だ。

 で、一番の鬼門が「修練の極」。このゲームは、初めてマップをクリアしたときに大きな経験値ボーナスが入るのだけど、それ以外(戦闘)で手に入る経験値はぶっちゃけ微々たるもの。ので、必然レベル上げはエンディング後に開放される、いわゆるやり込み要素のマップをクリアしていくことが一番楽な道なのだけれど、このやり込みマップの難易度が本編とは比べものにならないほど難しい。連撃というゲームシステムがある以上、敵も味方も一瞬で蒸発するこのゲームで、敵が全員開幕特攻してくるのはほんとにどうかと思うよ。てめーらのことだよクロウとムネチカ。どっかのブログで「やり込みマップを最後までクリアする、というトロフィーがないのが唯一の救いだ」なんて書いてあったけど、自分はやり込みマップ最後のマップクリアでLv.50到達しました。ぶっちゃけそういうバランスでボリューム設計されている気がするぞ・・・。逆に言えばこれさえ抜ければあとは楽々トロフィーでした。

 めんどくさい雑務が一息ついたので、春まではゆっくりゲームができそう。とりあえず、次はソフィーのアトリエプラチナ取ります。遅くともシャリーのアトリエplus発売までに。