城平京「虚構推理」

 今年二冊めの読了。コミカライズもされ、何かと(たぶん)話題の「虚構推理」の原作が文庫になっていたので買ってきて読んだ。実は、この作者が以前脚本構成をしていた漫画「絶園のテンペスト」がわりと好きで(序盤だけ)、単行本も買っていた。

虚構推理 (講談社文庫)

虚構推理 (講談社文庫)

 

  結論からいって期待外れだった。まぁ、粗筋なんかは勝手に調べて欲しい。

 もともと前情報や何やはすべてない状況で読んだから、いきなり妖怪系統のいわゆるオカルト話になったので、そこでまず「おや?」とはなったのだけど、別段オカルトが嫌いなわけではないし、期待外れだったのはここが理由ではない。以下つらつら書く。

 まず一つ。漫画の脚本構成をしていたからだろうか、文の運びになんとなく脚本らしさを感じた。小説家ごとに地の分の差異は思った以上に出るものだし、別にある程度はエッセンスとして楽しむくらいの許容はいつもしているんだけど、今回はその点ダメだった。一度ぱらっと読んだだけなので、具体的にどの点がと指摘するということもしないが、まぁ簡単にいえば肌に合わなかったってわけ。これは人それぞれでしょう。

 二つ。解決編ががっかり過ぎた。ネタバレ避けてぼんやりいうと、つまり、終盤の解決編でタイトルよろしく虚構の推理をしていくわけだけど、どうにも茶番らしさが滲む。上に挙げた悪い意味での脚本らしさが相乗効果を生み出して、より茶番に読めた。というかたぶん超設定がダメなんだなー。ミステリとは非常に相性悪いから難しいところですな。最初に挙げた「絶園のテンペスト」もそうだけど、後半で好みと真逆の方向性に突っ走っていくのは、単純に自分がこの人に向いていないのかも。

 ていうか、ぶっちゃけこっちの期待が大きすぎたのかも。表紙のデザイン的に硬派な直球もののサスペンスな推理小説かと思ってたら、(今の時代にコミカライズされてる時点で気付けという話だが。粗筋さえ読まずに買ったので許して欲しい)予想外にファンシーでポップで現代的(褒めてない)な空気をしていて、なんとなくライトノベルの香り。読み終わった身としては、確かにコミカライズには向いているかも、と。

 結構貶した風になってしまったけど、設定的にも話的にもなかなか面白い試みであった作品だと思う。ライトノベル読者とかは、こういうのから入るのがいいのではないか。層的にもたぶんそんな感じだろう。主人公も、青年と美(重要!)少女で実にキャッチーだ。

 気に入ったらコミカライズも買おうかと思ったんだけど、今回はやめておく。一冊読んで「これは自分には合わない」と決めつけてしまうのもアレなので、その他の著書もそのうち読んでいこうと思う。