麻耶雄嵩「隻眼の少女」

 山深き寒村で、大学生の種田静馬は、少女の首切り事件に巻き込まれる。犯人と疑われた静馬を見事な推理で救ったのは、隻眼の少女探偵・御陵みかげ。静馬はみかげとともに連続殺人事件を解決するが、18年後に再び惨劇が…。日本推理作家協会賞本格ミステリ大賞をダブル受賞した、超絶ミステリの決定版。

 

隻眼の少女 (文春文庫)

隻眼の少女 (文春文庫)

 

 

 今年に入って、今更ながら最近麻耶作品にハマっている。「翼ある闇」、「メルカトルかく語りき」、「神様ゲーム」に「貴族探偵」とか。他の趣味を優先した結果、本を読むこと自体あまりなくなってきているけど、その数少ない読んだ本の中で麻耶作品率はとても高い。自分がもともとは濫読派であったことを考えると、それはより大きい意味を持つことになるだろう。

 麻耶作品はどの作品も良い意味でひねくれて、ぶっ飛んでいる。本書「隻眼の少女」もその例に漏れずかなり異色だ。人によって好き嫌いがはっきり分かれるだろう。しかし、少なくとも私はこの作品をとても気に入った。過去に読んだ麻耶作品の中で一番と言っても構わないくらいには。いくつかの“アラ”というか、違和感、納得できない事柄はあるが、それらを考慮しても非常にエンターテインしたものであった。

 ネタバレは可能な限り避けたいので、具体的な内容は避ける。けどちょっとネタバレになるかもしれない事柄を書くかもなので、読む気がある(または、まっさらな状態で読みたい)のならブラウザバックを推奨します。

良くも悪くも新本格

 新本格とはまぁググればすぐわかることなんですが、ようは「突飛なトリックを扱った、(動機を軽視しがちな)最近の推理小説群」です。たぶん。いくつか例を出すと、孤島に建った十角形の建物であったりとか、憑き物退治だったりとかその辺。

 「隻眼の少女」はそれらと比べるといささか殺人トリックの突飛さには欠けるものの、十分に新本格であると思われる。「山奥の村」「村に伝わる独自の宗教」みたいな部分でもう新本格と断定されてもおかしくはないのかもしれないが。 

 「新本格」自体もともと具体的な線引きがある言葉ではなく、感覚的なものだと思う。そして私はこの「隻眼の少女」に新本格らしさを見出した。説明は今のところできそうにもないけれど、「新本格」を今までにいくつか読んできていて、なおかつ「隻眼の少女」を読んだ人ならなんとなく言いたいことはわかるはず。というかわかって。

 ここで間違えないで欲しいのは、私が決して「新本格」に対して否定的であるというわけではないということ。むしろ大好物まである。

 ただ、読み終わったときに「やっぱり新本格か」と思ってしまうことはある。これも読んでわかってくれとしか言えない。レビュー記事として書いてないので許して。

いくつか違和感

 本作にはぶっちゃけ物的証拠といわれるものがほぼない。だいたいが状況証拠であったと思う。その上で推理に推理を重ねるものだから、仮説を前提とした仮説が次々と披露される。にも拘わらず冷静な判断力を持った誰もかれもが探偵「みかげ」の言葉を信じる(まぁその後自供しているから当然なのかもしれない)。これにやや違和感があった。

 その推理が論理的でないというわけではない。むしろ詰め将棋のように明確にこの道しかないというような程度だった。まるで数式を解いているかのような。ここらへんの印象はこれまで読んできた麻耶作品でも同じようだったので、これがこの作家の特徴なのだと思う。

 それと、まるで伏線のように何度も繰り返し意味深に描写しているところが、一切触れられずにエピローグというのもいくつかあった。これは単にこちらの考え過ぎなのかもしれないけれど、もしかしたらちゃんとそれぞれ意味があり、考察を進めることが可能なのかも。

 

 というわけなので次回再読したときにちゃんと考えてみたいと思う。 今日は眠いのでもうダメだ。