暗闇・キッス・それだけで Only the Darkness or Her Kiss

 

 

 本来感想的な意味合いで文を書くのならば、内容がより明瞭に頭の中に残っているうちに、つまりはより早めに書いた方がいいものだと思うけれど、今回のこれを読み終わったのは数日前。なのでちょっと新鮮な気持ちはもうないわけだけど、どうか勘弁を。

 基本的に森博嗣という作家は推理小説家であるという認識が世の中の大半であると思う。来月には彼のデビュー作である推理小説すべてがFになる」もアニメ化するらしいし。実際には推理小説以外にもいろいろ書いているけど、大半は推理小説だろう。そして、本作もその例に漏れず推理小説だ。個人的にはハードボイルド小説だと思っている。

 主人公は探偵である頸城悦夫という男で、本作は「ゾラ・一撃・さようなら Zola with a Blow and Goodbye」の続編となっている。続編といっても時系列的に続編というだけで、「ゾラ」を読んでいなくても読み進めるのに支障はないと思われる。

 正直、森作品に今更ロジカルな推理要素はもともと求めていないのだけど、今回も流れるように事件が終わっていた。自分は、なんというか、こうナチュラルな空気を読みたくて手を出してるところが強いので文句はなかったけれど、推理小説を読みたい人が読むものではないよなぁ、と。

  前作「ゾラ」は正体不明の殺し屋ゾラというインパクト抜群なキャラクターがいたおかげか、シナリオの進みもかなりキャッチーだった。今作はゾラは出てはこないし、「殺し屋」みたいなクレイジーな立ち位置にいる人物も出てこないので、インパクトだけ見れば前作には劣ると思う。個人的にはどちらかといえば、「ゾラ」のが好みかもしれない。

 これもいくらでも出せそうなシリーズなので、そのうちまた続編が出ると思う。ので、出たらまた読みます。