FF15トロコンしたよ

 あけましてなんとやら。

 

 

 最後はサバイバルスキルカンストでした。まさか俺が輪ゴム放置をすることになるとは・・・。

 ということでこれが今年最初のプラチナトロフィー。同時に45個めのプラチナでした。今年も頑張ります。

FF15

 今月の頭らへんで友人に借りたFF15を今朝方クリアした。年内には終わらせたいなと思ってたので、ギリギリになったけどクリアできたよかった。

 前情報もある程度見ていたし、発売以降のレビューやらクチコミやらも見ていたので、結構低い評価を与えられていたのを知ってた。それでも実際に自分でプレイしてみて、結論から言ってかなり面白かった。

 ただ言いたいことももちろんいろいろある。めんどいのでひとつだけ言う。前半のオープンワールド部分はかなり楽しくてサブクエを延々とやることができたし、後半のリニア部分も水神との戦闘など爽快感のある演出が多くあり気持ちよかったけど、13章はただただ死ぬほどつまらなかった。あれがなければ二周目やってもよかったけどあれのせいでもうやりたくない。それくらいにつまらなく、なおかつだるかった。無駄に長いし。正直に言うとひとりでぶつぶつと呪詛を吐きながらプレイしてた。

 つーわけで年内はFF15で終わり。一応プラチナトロフィーが見えたので年始はそれに勤しむ。

 それにしても、今年はPS4で和ゲーのビッグタイトルが多かった気がする。和ゲーマーの身としてはかなり充実していたけど、残念ながら時間がなくて、というかソシャゲにリソース割きすぎて積みゲーがかなり増えた年だった。来年はそれらを崩していきたいところだけど、現時点ですでに来年発売予定のタイトルに気になるのが多いし、何といっても任天堂の新ハード、コードネームNXあらためSwitchが発売してしまう。WiiUの反省を生かしロンチタイトルは多いと思うし今からもうつらい。とにかく3月までに3DSWiiU積みゲーを消してしまわないと。とりあえず来年3月までの抱負はそれでいきます。

 今年もお疲れさまでした。

近況

  艦これイベントはE-5のギミックでだるくて投げ、スマホの限界を感じAXON7を買い、FGOの2016クリスマスで箱を40開け、謎にエクステラを購入し、それを放置して絶賛FGO7章プレイ中の私だ。今日はクリアまで寝ないぞ。

P5

 ようやっとクリア。ネタバレを避けるためにある程度情報を遮断していたこの二か月だったけど、ほんとネタバレされないでよかったと心底思うゲームだった。特に怒涛の後半はネタバレされたら台無しっすよねアレ。ということなので、私も詳しくは語りませぬ。

 ゲーム前半は人間パロメータ上げに全力を注ぎすぎて、コープがあまり進まず、強制イベント以外で10まで到達したのは、三島、双葉、真、吉田ことダメ寅の4人だった。で、この中で一番最初に到達したのが吉田っていうね。いやシナリオは好きだよ。竜司の親友感も好きだったので、コープMAXにしたかったんだけどなぁ。すぐにはやらないけど二周目は効率プレイで全コープMAXを目指すぞ。

 P4に比べて(P4は最後までやってないけども)、個人的にはP5のがキャラが魅力的に感じていて、誰を彼女にするかめちゃくちゃ迷った。最初は真でいくつもりだったんだけど、双葉の庇護欲刺激してくるアレ、普通にずるい、結婚したい(?)。ということで双葉が彼女になった。テッテレー。そして双葉のくれるチョコのデザインかわいすぎ問題が発生する。惜しむべくはかなりラストの方で彼女になったので、あんまりデートイベントとかが見れなかったこと。ジョーカーお前バイト入れすぎなんだよ!

 PS4が発売して和ゲーは衰退したと思う。開発費高騰のせいか、開発力の差か、現行世代になって和ゲーと洋ゲーのクオリティは、今まで以上に目に見えて差が表れている。当然仕方のないことではあるのだけど、もともとRPG畑の人間としては高クオリティのRPGをずっと求めていた。そしてその欲求は、まさにこのタイトルによって満たされた。ペルソナをやったことがある人も、やったことがない人にも、およそ万人にオススメできる最新世代のRPG、それが本作、ペルソナ5である。

f:id:grotesque34:20161117113040p:plain

 テーマとアイコン買っちったぜ。

バランス化

 しばらく後にするつもりだったのだけれど、さっそくメインのイヤホンをバランス化してしまった。こういうところに計画性の無さというか、忍耐力をまったく持っていないのだなと感じられる部分がある。

 WestoneのW60につけるものなので、せっかくだからと純正の極細ケーブルを購入。そこそこお高いのだけれど、この極細ケーブルは以前EstronのBaXとMusicを使っていて気に入っていたという過去を持つので、悔いはない。

 実は初めてのバランス体験で、少しは懐疑的な気持ちがあったんだけど、結果的にいえば、これはもうアンバランスには戻れないかもしれない。

 主な恩恵として、まず第一に、もともとW60は低域がややふわっとしててキレがあまりない音だったと思うが、バランスにしてここがかなりシャキッとしたように感じる。これによってロックもアタック感が増し、ロックらしく聴きやすくなった。

 それと、全体的に解像感が増し、音のひとつひとつが聴き取れるようにもなった。ぶっちゃけ聴いてみないとわからないと思う。これは数日聴いてみてようやく実感したことなのだけど、個人的にはこれが一番感動した。

 ということで絶賛W60が手放せない毎日。ポータブルの終わりにたどり着いたぜ(n回目)。けどW60自体ウォームな傾向の音なので、聴いていて、たまに爽やかなORIONの音色が恋しくなるときもある。いっそORIONもバランスにしてしまおうかしら。