バランス化

 しばらく後にするつもりだったのだけれど、さっそくメインのイヤホンをバランス化してしまった。こういうところに計画性の無さというか、忍耐力をまったく持っていないのだなと感じられる部分がある。

 WestoneのW60につけるものなので、せっかくだからと純正の極細ケーブルを購入。そこそこお高いのだけれど、この極細ケーブルは以前EstronのBaXとMusicを使っていて気に入っていたという過去を持つので、悔いはない。

 実は初めてのバランス体験で、少しは懐疑的な気持ちがあったんだけど、結果的にいえば、これはもうアンバランスには戻れないかもしれない。

 主な恩恵として、まず第一に、もともとW60は低域がややふわっとしててキレがあまりない音だったと思うが、バランスにしてここがかなりシャキッとしたように感じる。これによってロックもアタック感が増し、ロックらしく聴きやすくなった。

 それと、全体的に解像感が増し、音のひとつひとつが聴き取れるようにもなった。ぶっちゃけ聴いてみないとわからないと思う。これは数日聴いてみてようやく実感したことなのだけど、個人的にはこれが一番感動した。

 ということで絶賛W60が手放せない毎日。ポータブルの終わりにたどり着いたぜ(n回目)。けどW60自体ウォームな傾向の音なので、聴いていて、たまに爽やかなORIONの音色が恋しくなるときもある。いっそORIONもバランスにしてしまおうかしら。

 

ノリは身を滅ぼすんだぜ

 Fate/Grand Orderとかいうクソゲーをご存知だろうか。最近わりと不具合が減ってて、公然とクソゲー扱いするのがややためらわれつつあるアレだ。

 深夜のテンションが生み出した単発ガチャバトル。数人が参加したが、どうせ血で血を洗う醜いものになると私は思っていた。そこにいたのだ。☆4、SRサーヴァントを引いた奴が。思えばそこが分岐点だった。は? ふざけんなよ、空気読めよ。とかなんだか言いながら課金し始める頭空っぽな奴がそこにいた。ていうか僕だった。

f:id:grotesque34:20161028143554p:plain

 最初の一万はよかった。最高レアのアルトリアを出し(個人的にはいらなかった。宝具3ってお前・・・)、ニトクリス、EXヴラドにナーサリーも次々に出た。しかしここで思ってしまったのだ。ニトクリスを出したとき、オジマンディアス所持済みの私は思ってしまったのだ。「あれ、パトラ出せばファラオ揃うんじゃね?w」。頭が悪い。非常に頭が悪い。頭が悪すぎて死ぬんじゃないかっていうくらい頭が悪いひとりの男がそこにいた。ていうか僕だった。

 しかし天、あるいは神、もしくは運営はここで私に微笑んだ。それがこれだ!

f:id:grotesque34:20161028144403p:plain

 友達のFGOユーザーLINEグループに「俺死ぬのかな」って言ったら「2枚はセーフ」って言われたので僕は今日も元気です。

さよならZX2


ドナドナ DONNA DONNA

 

 

 苦楽を共にし、笑いあい悲しみ、雨の日も晴れの日も一緒に過ごした大切な仲間。それはもはや家族といってもいいものであって、私の生活に欠かせないものとなっていた。それを手放すということは我が身を裂かれるにも等しく、想像でさえしたくないことだった。それでも時の流れは非情である。カタチある以上、いずれそこに終わりが訪れるのと同じように、カタチのないはずの私と彼、もしくは彼女の関係もまた、たった一瞬のうちに、まるで初めからそんなものなかったかのように、あっさりと終わりが訪れた。こうして私は世の無常さを叩き付けられた。この世に永遠であるものが存在しないことを思い知らされた。私が彼、あるいは彼女に抱いていた感情は果たしてなんだったのだろうか。これが愛だというのなら、世の恋人たちが己らの愛を確かめ合い、傍からは幸せな景色に思えるクリスマスやバレンタインなどのあの街中は、なんて脆い橋のうえに建設されているのだろう。彼らにも私と同じようにいずれ終わりが訪れる。それは私のように、一種の儚さすら感じさせないくらい、瞬きの間に済んでしまうことなのかもしれない。やはりそれはとても残酷で、しかし同時に無常を生み出すこの世界が、唯一与えたもうた世界なりの優しさなのだとしたら。暗闇の中にぼんやりと光るフィラメントのように、それは静かに、私が袂を分かった彼、または彼女は今でも、私のことを暖め、先を照らしてくれているのかもしれない。たぶんその光ははるか先までを照らすだろう。そして私は未来へと歩く。恐れるものはない。今でも私の心は共にあるのだから。

 

f:id:grotesque34:20161028134835p:plain

 

 茶番終わり。ということでNW-ZX2にお別れを告げました。発売日から約1年半使ってきたんですねー。

 ここには書いたことなかったかもしれないんだけど、実は購入してある程度使ってからいろいろと不満はあって、それがこの前発表されたWM1シリーズを見て爆発したって感じですかね。

 一番はやっぱりWMポート。やっぱりソニーくらいになると、既存の周辺機器をばっさり切れないんだろうけど、それでも独自規格はめんどくさかった。もうmicroUSBとTypeCでまとめたい頃合いなのでWMポートは無理。シリーズ一新した今回でもまた変えなかったのでもう今後も変えないんだろうなぁ、ならいっそって気持ち。

 まぁ他にもいろいろ不満点はあって、そろそろ別れ時かなとはWM1が発表されてから思ってた。実はめんどくさいから、クラウドファンディングで出資して完成待ちのPROXをメイン機にしようって思ってたんだけど、この前のヘッドフォン祭りでその気持ちは完全に消えた。音はいいんだけど他が悪すぎる。音のためならってんで他を犠牲にできるほどいい耳は持っていないし、あれはあのままでは使わないだろうなぁ。

 まぁそんなわけで私の次のメインはこいつ。DP-X1。

f:id:grotesque34:20161028140503p:plain

 え? 型落ち? 知るか。

 発売から一年経ってたり、後続のDP-X1Aが発売目前だったりのおかげが、中古4万の格安価格。値段的にはZX2からめちゃくちゃランクダウンしているわけだけど、画面解像度も高いし、SoCがS800だからかとてもぬるぬる動くし、結構いい買い物というか、いい乗り換えをしたんじゃないかなーなんて。以前から手持ちイヤホンのW60はバランスで化けるという話を気が狂うほど見てたので、バランスが欲しかったのもある。

 実はこれを買った前日に、友人が買ってて、それを聴かせてもらって次の日買うとかいうアホを実行したという経緯がある。そのとき、dignisのケースどの色がいいか訊かれて個人的に好みだったこの上の写真の緑(青?)をすすめたんだけど、個人的好みで決めたせいで俺もこの色が欲しく、ケースが被るという事態に陥った。私はWestoneのW60をメインイヤホンとして使っているけど、彼はまったくデザインが同じのW50持ちなので、普通にペアルックである。キモい。ここまで来ると服も揃えなければみたいなところない? ないか。

 つーわけで、しばらくはこいつで生きます。音源を一通り聴いて、ZX2との差異を楽しんだあたりでバランスケーブルを買おうかと。正直この一日使っていて特に不満が出てこないので、これで完結したいところだけどたぶん無理なので、またなんか買うんだろうな。個人的には次はイヤホンを買いたいところだけど。あ、ちなみにこれを買ったのでSeiun Jrは買いません。さよなら・・・さよなら・・・。

秋のヘッドフォン祭り2016!

 先週末中野で開催されたヘッドフォン祭り、まったくオーオタってわけではないのですが、私も参加してきました。

 目的は、WestoneのユニバーサルモデルWシリーズの新たな旗艦製品W80と、今年の頭にINDIEGOGOにて出資したSeiun Player Pro Xの進捗、それとCampfire Audioの新製品群。

 だったのですが、結果的にこの中で満足に回ったのは、PROXのCYBERDRIVEだけでした。だってWestoneもCampfire Audioも混んでるんですもの・・・。

 CYBERDRIVEブースでは、なんだかんだ一時間近く(それ以上?)いろいろ話を聞かせていただきました。モニターへの4K出力やらFHD解像度のディスプレイやら、DAPとしては過剰といえる機能を持つPROXが、いったいどういう方向性で開発されているのか、めんどくさいのでここでは書きませんが、非常に興味深かったです。

 肝心のPROXはプログラム関連を一人でやってるとのことで、ソフトウェア周りの完成度はお世辞にも快適だったとは言えませんが、少なくとも音は良かったです。まぁ、あと一年以内に届けばもうそれでいいかな、なんて。正直言うとあのソフトウェアで届いても捨てる未来しか見えない。

f:id:grotesque34:20161025124315p:plain

 ちなみに、前回のヘッドフォン祭りでお披露目されたSeiun Jr、今回も会場にあったので聴きましたが、相変わらずとても良い音を出してくれます。UIも直感的になっていて、レスポンスも良くなりキビキビ動いていました。値段次第ですが、これなら全然アリです。

 と、この記事書いててなんとなく見たら、28800円で売られていますね。ぶっちゃけめちゃくちゃ買いたい。microSDは差せず内蔵64GBですが、USB-DACとしても使えるので、コンパクトなサブDAPとしては非常に魅力的。ちなみに32GBモデルは24800円ですね。もしかしたら、来月か再来月に買うかも。そのときは購入報告させてもらいます。

 

 

うたわれるもの 二人の白皇

 

うたわれるもの 二人の白皇

うたわれるもの 二人の白皇

 

 

 一週間以内で終わらせるつもりが、思うように時間が確保できず日数がかかってしまったけど、ようやくクリア。うたわれるもの、散りゆく者への子守唄、偽りの仮面に続き、第三部にして完結編、二人の白皇。

 プレイ時間はだいたい30時間ほど。毎度言うように私はボイスが途中でもテキストを読んだらどんどん次に進めてしまうところがあるので、しっかりボイスを聞きこむ人ならばもう少しかかると思う。とはいえ、今回は他のADVゲームと比べても、比較的ボイスをちゃんと聴いたほうではあるので、案外おおよその人が30時間ほどでエンディングに到達すると思う。

 「予想は裏切る、期待は裏切らない」だとか、「最高の最後へ」だとか、とてもかっこいいフレーズを使ってくるプロモーションをされたので、前作偽りの仮面の終わり方があんな感じであったこともあり、結構ハードルは高かったのだけど、結論から言おう。最高だった。うたわれるもの最高! ハクイケメン過ぎ!

 ADVということもあり、ネタバレは致命的だし、未プレイの人にはまっさらな状態でプレイして欲しいので詳しくは言うまい。しかし、些細な点こそあれ、「うたわれるもの」としては妥当な着地どころに落ち着いたのではと思う。ハクオロさんが主人公の初代をやった人は、ぜひ偽りの仮面を経て二人の白皇までプレイしてほしい。言うことはそれだけだ。

 ただ少しだけ言わせてくれ。ラスボス前座のお前しつこすぎ! くどいわ! いいから寝てろやボケ! 一回で倒れてろ!

 で、とりあえずメインシナリオは終わったわけだけど、トロコンまでにはあとボーナスステージやらをクリアせねばならない。こっちを先にやるか、積んでるペルソナ5をやるか、非常に迷い中。個人的には早くペルソナやって生徒会長を仲間にしたいところなのであるが。