読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そろそろ二週間経ちますが

 

 ということでBotW実はもうクリアしていたというやつ。いやー、正直ここまで面白いとは思っていなかった。もちろん期待してなかったわけなんかじゃなく、かなりハードルは上げていたつもりだったけど、それを易々と超えられた。あ、実質3日くらいで真エンドまで見たわけだけど、ボリュームが少ないわけではないよ。

 さて、だいたいの人は普通にプレイしてたらクリアまだだろうし、感想は来月入ったら書きます。殴り書きます。たぶん。

 最近はソシャゲのせいで家庭用ゲームがおろそかになっていたけど、BotWのおかげでとてつもなくやる気に満ち溢れている。とりあえず先週Switch版信長の野望創造 with PUKを買った。けど来月FE外伝リメイクが出てしまうのでそれまでにFE外伝を終わらせなければならない。ということで次は外伝やります。あと実はセールでレコラヴ買ったんでそれも並行してやります。

これから

 私は今日から無限にゼルダをやる。無限にだ。海外のメタスコアが98らしいけど今のところ納得しかしてない。3秒に1度納得してる。

 あ、あと昨日今日ライブ行きました。3/2がHello Sleepwalkers/CIVILIAN/Ivy to Fraudulent Gameで3/3チリヌルヲワカ×それでも尚、未来に媚びる。よかったよ(語彙

虐殺器官+α

映画

 虐殺器官を見に行く前に謎の強行軍を発揮。結局24時間で4本見てたりする。これによりなんかやる気が出てねとふり契約したんだけど、思ったよりラインナップが強くてダメ人間になりそう。

 

 一度劇場で見たけどやっぱ本編より面白い。それにしてもレギス陛下、無能である。 

 

 これも二度目。視聴後のスッキリ感とてつもない。収録のときに何人か死んでると思うのは私だけ?

 

 女子なのでスプラッタは苦手なんだけど面白いといわれ気になったので見た。当然描写はグロいんだけどもうギャグだった。私もあんな彼女が欲しい。一家に一台欲しい。

 


「虐殺器官」新PV

 制作側で紆余曲折があったのは知っているので完成品を見たのはかなり感慨深かった。個人的には結構違和感なく仕上げていたと思う。もちろんここカットされてるな、とか原作との差異はあったけどそれに悪い印象は持たなかったし、ひとつの作品として完結してた。面白かったのは隣に座ってた男女ペアが上映後に「結局どうなったの?」みたいなこと言ってたこと。別にバカにしてるわけじゃなくて、そういう捉え方をする人もいるのかーと単純に興味深かった。

去年最後と今年最初の買い物

 

  最後と言いつつ12月の頭でしたけど、ZTEのAXON7を買いました。それまでauで契約したHTL23を使っていたんですけど、ゲームをしていてスペック的な面で不満点が出てきたので、いろいろsnapdragon820機を見て最終的にこいつにしました。

 この機種の個人的に強みと思ったところは、フロントスピーカーであること、DACにAK4490を採用しているところ、、有機ELで2KディスプレイでなおかつGoogleのDaydreamVRへの対応が発表されているところでしょうか。あと安いことも利点。

 今のところ特に不満もなく、何より本当にイヤホンを差して音楽を聴いたりゲームをしたりしてて音がいい。おすすめです。

 

Sol Republic AMPS AIR フルワイヤレスイヤホン Bluetooth ゴールド SOL AMPS AIR GLD 【国内正規品】
 

  で、今年の頭に今話題の、いわゆるTrue Wirelessイヤホンを買いました。

 おそらく先駆けであろうEARINが出たときすでにTrue Wirelessは気になっていたんですけど、あの当時はまだこのジャンルはめちゃくちゃ価格が高い世界だったように思います。たしか3万4万くらいしていて、そんなに出すなら別に有線イヤホンでかなり良いのが買えるだろうなんて思ってスルーした記憶があります。それでもどうしても欲しくて、海外のクラウドファンディングサイトにあったTrue Wirelessイヤホンプロジェクトに出資しようかしばらく悩んでいた時期もありました。結局しませんでしたけど。

 だからこそ去年末AMPS AIRのリリースを知って驚きました。価格見てくださいよ。まさか2万割るなんてな。ということで試聴とかもせず買いました。

 結果的に当時の私はとても良い判断をしたと思います。AMPS AIRはSBCしか対応しておらず、aptXとか高音質コーデックは対応していません。それでもその音の質はなかなかのものです。そりゃ手持ちの高級イヤホンと聴き比べると音の立体感は全然なく、高域は出ていません。それでもこの価格で完全分離であの音は目を見張るものがあります。ということで私はTrue Wirelessの中ではこいつをオススメします。

 欠点として、両耳ペアリングがやや難しいかと。ちょっと慣れが必要だと思います。私はまだ慣れていません。また、標準イヤーピースはやや合わなかったのでSpinfitに変えたんですけど、Spinfitは標準に比べて導管(?)の部分が長いのか、うまくケースに収まりません。いやこれは私の問題なんですけど。ちょっと改善策を模索中。

逆転裁判6

 クリアしました。

 2話くらいまではわりと否定的な気持ちでプレイしていたけど、3話以降でその気持ちを改めさせられた。うん、面白かったです。

 ただ、シリーズとしては集大成をやってしまったので、逆転裁判7はもう出なさそう(どうせ出るけど)である。

 DLCは買ってないしやってません。プレイ時間は20時間くらい。ぬるすぎた5に比べて、いい感じの難易度をしていたと思う。正直逆転裁判シリーズはもうダメだなと思っていたけど、今回逆転裁判6をプレイして、大逆転裁判2への期待が生まれた。ぜひSwitchタイトルとしてリリースしてください。